動ナビ動画
AV女優
検索

上原亜衣の2018年ベスト動画162本

名前:上原亜衣(うえはらあい)
出身:日本 福岡県(テレビ番組では東京の田舎と自称)
誕生日:1992-11-12
3サイズ:83(Eカップ)/57/84
上原亜衣
上原亜衣(うえはらあい)さんは、マインズさんに所属していた元セクシー女優さんです

NGプレイが一切なかったというキカタン女優の巨星。

引退後はメディアに露出することもほとんどなく、セクシー女優をヤリ切って去って行った彼女こそ、伝説のセクシー女優と呼ぶにふさわしい存在でしょう
上原亜衣のお勧め動画3作品!
クリックするだけですぐに見れます!
性感帯が2つあるなら2穴とも玩具でイカせよう。
上原亜衣(うえはらあい)のプロフィール
上原亜衣のデビュー作は? 上原亜衣は2011年6月に「女監督ハルナの素人レズナンパ52」でAVデビューしました。

はっきり言って、AV界を背負って立つ一枚看板に成長すると、これを見て誰が予想できたでしょう。

上原亜衣自身もド企画女優の自分が、賞をいくつも獲得できるなんて思ってもみなかったと語っています。

初AVがレズでドキドキだったという彼女に優しく接してくれたのが主演女優の大槻ひびき、だったのだとか。

そんな自分が、同じ素人レズナンパシリーズで、主役を演じることになって感慨深いと、上原亜衣は語っています。

本当に人生って不思議ですよね。だって私、デビューなんてド企画ですから。最初の頃は素人ものが多かったし、名前すら出ていなかったから。
(レズの経験は)ないですよ(笑)。撮影もレズも初めてだから、ダブルでドキドキでした。で、そのときナビゲーター役がひびやんさん(大槻ひびき)だったんですけどそれがすっごい印象的で。


(引用:FANZAニュース



上原亜衣のここがエロい!
上原亜衣はバスト83cm、ウエスト57cm、ヒップ82cmで身長は155cmと小柄

引退を決めて彼女が語った一言一言が、エロ過ぎます。ちょっとご紹介すると…

「ツラかったのは『野生の王国』(アフリカの村を訪ねて現地人とセックスするというドキュメント作品)。私、動物が苦手で動物園とか行けないんです。それなのに野生のライオンとかキリンとかゾウがいるところに窓のない車で連れて行かれて『夜は獣が出るから早く寝て下さい』とか…(苦笑)」
「現地の人はアソコが大きいからツラいはツラいですけど、その前にロスで外国人男優と絡んだこともあったので。それよりもトイレはないし、シャワーは井戸だし、電気も携帯も使えないし、普段の生活ができないのがツラかった(笑)」
「アイデアポケットの作品にどうしても出たくてオファーを受けた『100発の精子飲む』かな。一週間くらい影響ありましたよ。翌日は熱も出ちゃいましたもん。私は100人中出しより100発飲む方がキツかったです(笑)」


(引用:デラべっぴんR


まさにエロの女神な上原亜衣に、あーだ、こーだと語ったところで無意味ですねw
上原亜衣のデビュー前は?
大学生の時、街でスカウトされて、お金をためたくて半年くらいで辞めるつもりでAVに出演したという上原亜衣

キカタン(企画単体)女優としてキャリアをスタートした彼女ですが、もっと売れたいとNGプレイを無くしたことがブレイクにつながったといいます。

高校生の時にエッチしまくって、毎回中出しされたから、中出し作品をオファーされても全然イヤじゃなかったと、サラッと語っている上原亜衣。

根性でのし上がったイメージが強い彼女ですが、この発言を聞いちゃうとエッチ大好きの素質がもともとあったのかもw

街でスカウトされたのがきっかけです。自分としてもお金を貯めたいって目標があったので出てみようかなって。でも最初は半年くらいで辞めるつもりでいたんですけど…
高校生の時はエッチは毎回、中出しばかりでしたから中出し作品もあまりハードだと思っていませんでした。


(引用:週プレNEWS


0
上原亜衣の現在は? 上原亜衣は、Japan Adult Expo2015の舞台上で何の前触れもなく突然、引退を発表して万人を唖然とさせました

地味にデビューしたから、ド派手な舞台で引退を発表したいと思っていたという彼女。

キカタン女優の真骨頂、100人の素人に中出しされる企画で引退したいとも語っています。

そして引退興行を浅草ロック座で期間限定のストリップ公演で終えた上原亜衣。

そんな彼女は、引退後ファンに生電話でモーニングコールしてくれるっていうサービスを短期間、展開したことがありますが、それ以外に目立った活動はありません。

本人は復活することは無いと断言していますので、ファンとしては旧作を鑑賞しつつ、彼女の幸せを静かに祈りたいものです。

先ごろAV活動に終止符を打った上原が、最後の舞台に初体験となるストリップを選んだ。期間限定公演(東京・台東区の浅草ロック座)でフィナーレ後に引退セレモニーが行われた。
親交のある女優仲間8人(波多野結衣、小島みなみ、紗倉まな、大槻ひびき、吉澤友貴、尾上若葉、川上奈々美、きみと歩実)が祝福に駆けつけ、「泣くつもりはなかったのに…。最後の舞台を見てすごく感動しました」(波多野)、「頑張ってきた数年間は誰にも分からないつらいことがあったと思います」(紗倉)などと声をかけられた上原は号泣。「明日から普通の女の子に戻るので、私から何かを発信することはないと思いますが、私のことを忘れないでください」とスピーチした。


(引用:東スポWeb


カテゴリーランキング

デイリーアクセスランキング
ウィークリーアクセスランキング
マンスリーアクセスランキング

動画メニュー

アクセスランキング